【目次】

自宅で行うセルフホワイトニング方法はある?

誰しも髪型を整えたりスキンケアやメイクをするように、口元の手入れも今や虫歯や歯石除去だけではありません。
開口一番の歯のきれいさは自分が鏡で見る以上に他人にも見られているのです。

歯医者さんなら虫歯がなくても歯石除去などのクリーニングはしますが、歯の黄ばみが気になっていてもそれは美容目的という扱いから行われていません。
海外では歯並びやホワイトニングは身だしなみの一部という感覚で日常的にされていますが、日本では美容専用クリニックなどに限られてしまい、わざわざ通うことに抵抗を感じる人も少なくありません。
クリニックではレーザー治療が一般的でより白く、綺麗な歯をいち早く取り戻すことができますが、ネックとなるのは通院、そして治療費でしょう。
美容というほど大げさな目的ではなく、歯をもとの色に近づけるという自然なケアなのですが、その割には大きな出費になってしまいます。

黄ばみ具合にもよりますが、例えばタバコやコーヒーなど日常的に摂取しているものによる変色でさほど放置されていない場合なら、簡単に入手でき、自宅でもできるタイプのホームホワイトニングアイテムがいくつかあります。
最も手っ取り早いのが、ホワイトニング効果のある歯磨き粉です。
普通の歯磨き粉よりざらっとしているのは研磨剤が入っているためで、普通に歯磨きをするだけで着色除去ができる上、他のアイテムに比べて安価です。

歯の消しゴムは主にスティック状で、先についたシリコンゴムを歯の表面にあてながら、こすって色を落としていくもの。
いかにもひと消ししてくれそうなものですが、これで実際に上下の歯一つ一つをこすっていくのは意外と面倒で、その割には効果が見られにくい商品で、リピート率は低いのではないでしょうか。

その他にもセルフホワイトニングキットがあります。
上下の歯に装着できるトレーにホワイトニングジェルを塗り、歯に当てて脱色していく方法で、必要なものがセットされています。
クリニックなら歯の形状に合わせたものを作ることができますが、キットはワンサイズのみです。
また、ジェルをしばらくつけているうちに歯がしみるような感覚になったりすることもありますから、異変を感じたら無理に続けず、しばらく間を空けましょう。
装着している時間も必要ですし、もちろん装着中には飲んだり食べたりできませんから、自宅でできるとは言ってもホワイトニングを行える時間的余裕は必要です。
クリニックでの施術に比べれば安く、また歯磨き粉よりも効果が見られやすいアイテムです。